ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【糖尿病の恐怖】グレート義太夫、発覚時の血糖値は630 医師「普通だったら昏睡」

1 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) 投稿日:2011/03/03(木) 18:11:52.07 ID:pkNVoO5S0
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=37590
1983年、ビートたけしさんに弟子入りし、「たけし軍団」の一員としてお茶の間を沸かせた。
「師匠が飲食店に入っている間、弟子は外で待っているのが芸能界の常識。でも、『殿』
(たけしさん)は皆を店の中に連れていってくれました」
 しかも、料理を大量に注文する。残すと申し訳ないので、弟子たちが全部平らげた。
「大きなすしおけにウニの軍艦巻きだけが並んでいたことも。芸能界に入って食生活が豊かに
なりました」。170センチ、80キロと“ちょい太”だった体重は114キロまで増えた。

 異変を感じたのは、1995年。太めのタレントを集めた運動会「デブリンピック」という
番組で体重を量ったら86キロしかなかった。普通に食べて、運動もしないのに、どんどん
やせていく。体がだるく、無性に喉が渇いた。7月のある日、自宅でトイレに行こうと立ち上がった
瞬間、目の前が暗くなった。次に気づいたのは救急車の中だった。

 「夏バテかな」と思ったが、医師の表情は険しかった。「糖尿です。すぐ入院して」。
正常なら110(ミリ・グラム/デシ・リットル)未満の血糖値が630もあった。
「あなたが話していられるのが信じられません。普通は昏睡状態の数値ですよ!」

 「と、糖尿…?」

前年に長年患った糖尿病がもとで、64歳で亡くなった父のことを思い出した。

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。