ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代の人の労働時間は日に3、4時間

1 : 音楽家(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 14:25:37.37 ID:U97FQQRrP
武田さんの『仕事と日本人』拝読しました。江戸時代の人たちの労働時間は
日に3、4時間ということを知り、江戸の世界で暮らしてみたくなりました。
僕は働くことがいやで、できるなら一生遊んで暮らしていきたいと思っています。
就職活動もしたことがありません。したいと思ったこともないです。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100817/241598/

3 : メイド(広島県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:26:30.07 ID:aKETHQqz0
新生児の死亡率4-5割だけどな

93 : モテ男(大阪府) 投稿日:2010/08/20(金) 15:14:48.57 ID:HyQANrmE0
>>3
親目線なら不幸に感じるかもしれないが
死んだ本人にしたら物事を理解する前だから別に不幸な事でもないだろ

105 : レス乞食(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 15:19:35.50 ID:Q+RLIT6O0
>>93
戦時中のせいもあるだろうけど、田舎に土地と畑買って家族ぐるみで疎開してた先で
ばーちゃんがどうも女の子をひとり産んだけど、すぐ死んじゃったらしいんだ。
でもそのこの子の事、おやじ(長男)含め誰も覚えてなかった。
じーちゃんが死んだときに墓を作りなおしたんだけど、その時に誰も心当たりの無い
赤ん坊の骨が出てきて、過去帳調べてもらったり大騒ぎになったレベル。
そのうちおやじが、そういえば赤ん坊がひとりいたような気がするとか言い出して
やっと誰の骨か判明したというw

6 : 幼稚園の先生(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:27:22.60 ID:3YSj3Fj30
テレビ・クーラー・パソコンもない
風呂は湯垢だらけの公衆浴場のみ
盲腸・虫歯で地獄の苦しみを味わいつつ悶絶死

7 : 作家(西日本) 投稿日:2010/08/20(金) 14:27:36.09 ID:4Q871BfD0
カネがなくなったら仕事をする
江戸っ子は奔放だったのに
今の日本人はなぜ奴隷になってしまったのか

37 : 版画家(関東・甲信越) 投稿日:2010/08/20(金) 14:40:59.96 ID:Iw1rl5zTO
>>7
鎖国してりゃそんな生活だったかもしれんけどな
まあそれならそれで植民地にされて終わってたな

8 : モテ男(関東・甲信越) 投稿日:2010/08/20(金) 14:28:13.40 ID:bwkF1ID1O
現代人ってほんと馬鹿だよなできる限り機械にやらせたらいいのに

9 : 音楽家(ネブラスカ州) 投稿日:2010/08/20(金) 14:28:16.71 ID:aZyJvBC/P
超早起きなんだろうな

11 : 刑務官(dion軍) 投稿日:2010/08/20(金) 14:28:38.96 ID:leE2ubSAP
現代人働きすぎワロタ

12 : 放送作家(dion軍) 投稿日:2010/08/20(金) 14:29:07.67 ID:klqJMwjm0
人口の9割以上を占める百姓は重労働でっせ

13 : ネットワークエンジニア(ネブラスカ州) 投稿日:2010/08/20(金) 14:29:21.44 ID:17tFSzqcO
人の命の軽い時代

14 : タンタンメン(群馬県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:29:39.26 ID:G8Z9ah4e0
娯楽がなくて暇だったろうなー江戸時代

19 : 税理士(愛知県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:31:17.65 ID:BKq2YaCm0
>>14
娯楽はめちゃたくさんあったぞ

219 : 劇作家(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 17:07:49.40 ID:4g31nEdw0
>>14
セックスや博打、勉強、風呂、旅行、新聞なんでも時間を潰せる娯楽だったろう
一日3-4時間なら仕事まで趣味と言えたかも

15 : 工芸家(愛知県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:29:53.91 ID:+2bySzUT0
文芸春秋2010年7月号 学究の救国論 日本国民に告ぐ 藤原正彦 ttp://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/bungeishunju1007.htm
ttp://www.ncn-t.net/kunistok/7-1-kokuminnitsugu-.htm

閉塞感に包まれているこの国は一体どこで道を誤ったのか─「自立」「誇り」を取り戻すために、今、日本人がなすべきこと
…日米修好通商条約締結の為に訪れたタウンゼント・ハリスは、日本上陸のたった二週間後の日記にこう記している。
「厳粛な反省ー変化の前兆ー疑いもなく新しい時代が始まる。あえて問う。日本の真の幸福となるだろうか」
彼は「衣食住に関する限り完璧に見える一つの生存システムを、ヨーロッパ文明とその異質な信条が破壊」することを懸念したのである。
ハリスの通訳として活躍したヒュースケンはこう記す。「この国の人々の質樸な習俗とともに、その飾り気のなさを私は賛美する。この国土の豊かさを見、
いたるところに満ちている子供たちの愉しい笑声を聞き、そしてどこにも悲惨なものを見出すことができなかった私は、おお、神よ、
この幸福な情景がいまや終わりを迎えようとしており、西洋の人々が彼らの重大な悪徳を持ち込もうとしているように思われてならない」
また日英修好通商条約を締結するため来日したエルギン卿の秘書オリファントはこう記す。「個人が共同体のために犠牲になる日本で、
各々がまったく幸福で満足しているように見えることは、驚くべき事実である」
多くの欧米人がいろいろの観察をしているが、ほぼ全てに共通しているのは、「人々は貧しい。しかし幸せそうだ」である。
だからこそアメリカ人のモースは「貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない」と言ったのだった。欧米では、裕福とは幸福を意味し、
貧しいということは惨めな生活と道徳的堕落など絶望的な境遇を意味するのだが、この国ではまったくそうでないということに驚いたのである。
明治六年に来日し、日本に長く生活したイギリス人バジル・チェンバレンはこう記す。「この国のあらゆる社会階級は社会的には比較的平等である。
金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下しない。…ほんものの平等精神、われわれはみな同じ人間だと心底から信じる心が、社会の隅々まで浸透しているのである」。
無論ここには誇張も含まれているだろう。しかし実に多くの人々が表現や程度こそ異なれ類似の観察をしているのである

20 : コンサルタント(福岡県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:32:09.21 ID:LPQWCt4U0
雨が降ったりとか、今日は気分がのらないとかいう理由で休んでたりもしてたらしいな。
昼過ぎぐらいから銭湯(男女混浴)にいって、酒を飲みながら将棋を指してのんびりするのが普通だったらしい。

24 : ドラグノフ(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:32:51.32 ID:Nr6rWLyb0
娯楽はセックスなのか?

27 : 通訳(新潟・東北) 投稿日:2010/08/20(金) 14:36:26.42 ID:ajIHbwkGO
>>24
エロ絵をハイレベル童貞が買って
貧乏童貞が雁首揃えてあーでもないこーでもないと安酒呑みながら激論を交わしていた

26 : ドラグノフ(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:34:30.57 ID:wm8ayllD0
これ江戸の町人だろ
うちは農民の家系だから絶対に戻りたくないぜ

30 : 路面標示施工技能士(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:37:22.35 ID:wMwm1mMB0
>>26
農民も割かし豊かだったんだぜ?
その後明治政府が江戸時代に対するネガキャンしまくっただけ

28 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 14:36:46.17 ID:hMv9fxpZ0
天下泰平ナメちゃいけないよ

29 : 歌手(四国) 投稿日:2010/08/20(金) 14:36:57.32 ID:Kv+RkI4WO
どんなパラダイスだよ。

32 : 路面標示施工技能士(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:38:49.59 ID:wMwm1mMB0
処女厨にとっちゃ江戸時代は地獄だろうなw
昔は貞操観念なんて皆無に等しかったからヤリマンだらけ


35 : 刑務官(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:40:16.26 ID:lHIDjWotP
>>32
俺のとチョット違う
ソースくれ

40 : 路面標示施工技能士(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:42:31.58 ID:wMwm1mMB0
>>35
夜這いの民俗学・夜這いの性愛論  赤松 啓介

50 : 刑務官(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:47:45.18 ID:lHIDjWotP
>>40
それは知ってる。
江戸の市民と思った。

江戸時代は男の方が多かった、それで遊郭とかが至る所に造られた。

155 : 刑務官(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 15:52:15.04 ID:D1RtqUY0P
>>50
江戸時代っつーか、江戸に男が多かったんだよ
男がお上りしてきて居付くから

34 : 6歳小学一年生(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 14:40:05.80 ID:Y95APc820
農民も普通に米食ってたし、たまに酒も飲んでたらしいね

42 : 発明家(兵庫県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:43:32.79 ID:1b1XRoPL0
>>34
地主はな。下っ端の小作人は米なんてめったに食えねえよ

118 : 放送作家(福島県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:28:37.16 ID:Am6XZymO0
>>34
余ってたから酒にしたんだしな。

124 : アニオタ(奈良県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:32:28.76 ID:S474/k1U0
>>118
酒に関してはかなり幕府が制限してたらしいがな
米を大量に消費するから

133 : 放送作家(福島県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:36:28.81 ID:Am6XZymO0
>>124
米が余りすぎて武士が貧乏になったって話もあるし、歴史の教育って被差別部落とかの人権問題と関連して厄介だよな。

36 : タコス(新潟県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:40:59.06 ID:NVF9nKLW0
俺も江戸時代に行って城巡りがしたい

46 : 客室乗務員(大阪府) 投稿日:2010/08/20(金) 14:44:54.46 ID:0BzN+u7G0
>>36
普通の一般庶民が関所を通り抜けるのは難しそうだが

256 : ペスト・コントロール・オペレーター(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:17:02.32 ID:5WFSurwO0
>>46
お蔭参りということで関所は越えられたそうだ

48 : げつようび(福島県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:46:42.36 ID:6/Do8wyb0
過度な期待はしないでください

52 : 警務官(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 14:48:07.59 ID:oxH1YEL20
ネットできればどの時代でもいいよ

60 : 中国人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 14:53:54.19 ID:Zznpq8i70
江戸時代って東北で雪降らないくらい今よりすげー暑かったんだよな

66 : レス乞食(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 14:56:40.20 ID:Q+RLIT6O0
>>60
でも、海風山風を遮る高い建物やアスファルトの道路は無かったから
ヒートアイランドでも無かったし、海は今よりもっと近かった。

76 : ゲームクリエイター(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:02:27.18 ID:BBjdI1/00
>>60
マウンダー極少期だろ

64 : ネットワークエンジニア(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 14:55:34.48 ID:owyGWDH70
公衆浴場で乱交してたらしいぞ
大学の歴史の教授が言ってた

69 : 高卒(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 14:59:12.89 ID:VcaTfjuW0
>>64
混浴だったからな
ただ明かりが無いし湯気だらけで何も見えない
それでも公序良俗に反すると混浴は何度も禁止になってる

67 : 音楽家(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 14:57:36.28 ID:To2ipsLwP
生活水準下げれば今でも週20時間で生活出来るだろ

74 : レス乞食(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 15:00:29.84 ID:Q+RLIT6O0
>>67
今の生活水準で江戸の町人みたいな暮らしはもう不可能だろうね。
国自体が不労所得を沢山作れる仕組みになってて国民に還元するか
自力で資金調達するしかない。

73 : ゲームクリエイター(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:00:21.00 ID:BBjdI1/00
武士は三勤四休

78 : 理学療法士(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:06:22.60 ID:zBNS9mJNO
もうすぐ農業しか働き口がない時代が来るのか

79 : ネットワークエンジニア(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:06:47.11 ID:owyGWDH70
うちの先祖は水田の用水から無断で水を盗んで
そっこうで自分の水田が潤ってるのがばれて
村八分にされて
北海道から追い出された

261 : ペスト・コントロール・オペレーター(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:26:18.91 ID:5WFSurwO0
>>79
北海道で稲作始まったの明治以降だぞ
先祖つーかつい最近じゃねーか水泥棒したの

80 : 刑務官(中国四国) 投稿日:2010/08/20(金) 15:08:38.49 ID:i/IcdBvdP
百姓は労働でなく、生きていくための日課だからな。
労働とは対価が発生しないといけない。対価は発生しない。

平均的にはそれが普通で、朝日が昇ってから沈んで
暗くなるまでだぞ。

それ考えろばかwww

81 : 洋菓子製造技能士(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:09:03.64 ID:HO+pEE5+O
江戸時代には休日が無いからな

82 : 法曹(群馬県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:09:09.61 ID:u19378u10
身の丈にあった生活が普通だったからな

85 : 建築家(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:11:11.02 ID:mImSRFKz0
江戸時代っていっても長いからな
カムイ伝の農民とか悲惨だからなぁ

87 : カウンセラー(三重県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:11:59.83 ID:kr51M3WA0
江戸時代にもリア充を憎む奴らはいたはず

88 : アニオタ(奈良県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:12:02.33 ID:S474/k1U0
丁稚奉公とか凄まじい奴隷労働だったんだろ?
宮部みゆきが言ってたよ

91 : デザイナー(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 15:13:29.64 ID:szBG2xOe0
>>88
元々、農村の口減らしで死んでたはずの人間だからな

99 : 高卒(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:16:42.73 ID:VcaTfjuW0
>>88
商家の奉公人は色々覚えられるから他の町人よりチャンスはあるよ
奉公人からのし上がった人間は多い

122 : アニオタ(奈良県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:30:59.28 ID:S474/k1U0
>>99
のし上がれる奴は先輩のいじめにも耐え
奴隷労働の中で睡眠時間削って勉強した奴とからしいがな
お前らには無理(´・ω・`)

130 : 高卒(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:35:00.17 ID:VcaTfjuW0
>>122
急にお前らとか言い出して意味不明なんだよ
少なくとも努力した人間にはのし上がるチャンスがあるんだから奴隷とはわけが違うだろ

92 : ハローワーク職員(福岡県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:14:07.83 ID:9bq+UyrR0
江戸時代並みの暮らしで良いなら今からでも出来るじゃん?
その代わり早死にしそうだが

97 : 税理士(愛知県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:15:51.96 ID:BKq2YaCm0
>>92
人口が過密で餓死者が大量に出そう

103 : ハローワーク職員(福岡県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:18:32.40 ID:9bq+UyrR0
>>97
競争相手が少なかったから出来たってのもあるよね

95 : ディーラー(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 15:14:56.19 ID:PwbMJfEy0
まぁ農民が重労働だったと言っても農閑期はする事もなく遊んでたわけで

98 : 和菓子製造技能士(関東・甲信越) 投稿日:2010/08/20(金) 15:16:00.05 ID:VEhPGnUCO
カカア天下ってのも、働き者の女性って意味だったのに、
今では働く夫を罵りながら励ます(笑)女って意味合いになったよね。


107 : 法曹(群馬県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:20:53.59 ID:u19378u10
>>98
男は賭場に出入りしてて働かないからそういう言葉ができたのにね

101 : 刑務官(dion軍) 投稿日:2010/08/20(金) 15:17:16.94 ID:X+zJZTKUP
江戸時代で20時間も自由な時間があっても
何すりゃいいんだ 金もそんなないだろうし

104 : 高卒(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:19:25.99 ID:VcaTfjuW0
>>101
暗くなったらすること無いから早く寝る
灯りも金かかるからね

112 : マッサージ師(関東・甲信越) 投稿日:2010/08/20(金) 15:24:17.44 ID:eNMf0+5uO
>>101
照明が貧弱だし油高いしで夜はそんなに遅くまで活動できないから、案外自由時間はない

129 : 音楽家(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:34:43.32 ID:pHw2OndfP
>>101
でも、飯を炊くだけでも、薪を割ったり、火をおこしたりするところから
始めなきゃいけないわけだし、炊事や洗濯だって井戸で水を汲むところから
スタートする。
藁草履だのムシロだの縄だのザルだのといった生活必需品も大抵は全部自作だし、
どこに行くにも全部徒歩だし、賞味の自由時間はほとんどなかったんじゃないかな。

201 : 作詞家(沖縄県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:48:48.05 ID:otl0mt8u0
>>101
今と変わんねえよ

http://www.japanese-guns.com/NewFiles/dsc01699.jpg
http://shunga.hp.infoseek.co.jp/image/193-x.jpg
http://www.coolturisme.com/Yahoo%20Auctions/shunga-set-a.jpg

214 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 17:02:51.51 ID:hMv9fxpZ0
四十八手も江戸時代だしな
江戸時代は二次絵とゲイが半端ない、>>201みたいな春画もゲイのが同じくらいあるし
絵画はこれでもかってくらいマンガ調のばっかだしな、写実って発想捨ててたってくらい
なんなんだろうなこの遺伝子

279 : ニュースキャスター(静岡県) 投稿日:2010/08/20(金) 20:23:45.75 ID:nGW18FDV0
>>201
なんで玉袋がでかいんだよ

102 : ジャーナリスト(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 15:18:00.41 ID:YY4EYGpm0
一日3,4時間の仕事ということは
昼間に起きて、薄暗くなったら店じまいだったんだろう
あとは友人と飲み屋にでもくり出して酒のんで馬鹿笑いして、
銭湯行ったり、博打やったり、のんびり将棋でもさしたりして、
夜になったら遊郭に行って、12才くらいのオキニの少女を買ったんだろう
まことに人間らしい生活
ペリーの馬鹿野郎のせいで俺に与えられるはずだった楽しみも失われてしまったんだな

110 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:23:08.80 ID:hMv9fxpZ0
乳児死亡率下がったのなんてわりと最近だぞ
団塊の世代は兄弟7、8人当たり前だがひとりかふたり亡くしてるケースがほとんど

111 : コンセプター(栃木県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:23:58.87 ID:LTQvG1xz0
明るい時間しか働けないしな。
冬は昼が短いから
仕事以外の用事も明るいうちに済ませないと。

113 : タンタンメン(群馬県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:25:16.68 ID:G8Z9ah4e0
江戸時代は今と違って大気が綺麗だったから
月のあかりで夜は街灯は必要なかったから照明の心配はいらない

116 : 小説家(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 15:26:50.53 ID:0WioVjvb0
江戸時代はまだ奴隷制度が残ってたんだよな。
表向きは規制されてたけど。


119 : ネットワークエンジニア(大阪府) 投稿日:2010/08/20(金) 15:29:13.69 ID:pcIclsDL0
暇なときは釣りとかしてたのかな
川とか綺麗だろうし

123 : もう4時か(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:32:05.15 ID:/mRql4Di0
働かざるものなんちゃらっていつの時代の言葉?戦時中?

276 : 音楽家(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 20:12:00.83 ID:J2RLXklbP
>>123
キリストのお弟子さん、らしい
元の意味は生きてるうちに終末が来るから
教会のために働きなせえ、って意味だったらしい

ソ連のアノ人は労働の働くだけど

135 : ファシリティマネジャー(京都府) 投稿日:2010/08/20(金) 15:36:46.38 ID:UIwlUqjv0
都市部は武士に斬られるかもしれないし
農村部は山賊がでるかもしれないし
安全なところねえじゃん江戸

142 : ドラグノフ(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:42:34.94 ID:wm8ayllD0
>>135
奥の細道か何かに脇差不要って書いてあったらしいから、案外平和だったとか

137 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:37:19.20 ID:hMv9fxpZ0
蚊を間違って殺して島流しになっちゃったやつとかいたんだってな
綱吉死んだ後みんな憂さ晴らしに犬に石投げつけたって聞いてワロタ

143 : 理容師(長野県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:43:24.96 ID:LULjmhNH0
>>137
それは当時のネガキャンっぽいな
綱吉は犬だけじゃなくて人権もしっかり保護してたふしがあるんだよ
ふんぞり返ってた特権階級は反発したけど

153 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 15:49:29.69 ID:hMv9fxpZ0
>>143
まあ下っ端には相当不評だったみたいだよ
今の中野のあたりに野犬用の施設作って最盛期には8万匹収容して、1匹に1日2合
の米と味噌あげてたっつーんだから
子ども助けるために犬切った武士が死罪になったりもしてたらしいし

144 : 高卒(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 15:43:51.62 ID:VcaTfjuW0
都市部は治安がいいので安全
農村部は余所者への監視の目が厳しいので安全

162 : まりもっこり(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:00:48.76 ID:ehP/jQgH0
侍は登城していろいろ公務員的な事やってたんだろう?


168 : ドラグノフ(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:05:20.27 ID:wm8ayllD0
>>162
なんかの番組で見たけど、寝る時間がほとんど取れなくて過労死する役職があったらしいな

264 : 音楽家(兵庫県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:32:40.52 ID:RIcK4exP0
>>168
今調べたら、町奉行っぽい

166 : 刑務官(中国四国) 投稿日:2010/08/20(金) 16:02:22.20 ID:i/IcdBvdP
乳児死亡率より嬰児死亡率(中絶)が高い。


167 : ジャーナリスト(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 16:04:58.61 ID:46Ut59Kb0
子育ては男がしてたってよ、お前ら出来るの?

170 : 客室乗務員(愛知県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:07:53.50 ID:B7059WGc0
発掘された骨から分析すると
江戸時代は栄養状態が凄く悪かったみたいだけどね
http://www.shizensou.net/section/essay/bones/bones-04.html

172 : 小説家(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 16:11:37.87 ID:0WioVjvb0
幕末の食事は一日2食にたくあんとおみそ汁。それにおかずが1つあればいいほう
しかもこれが幕末なんで江戸初期はもうすごい状態だろうな。1日1食程度じゃねぇの


173 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 16:11:55.33 ID:hMv9fxpZ0
幕末期は成人男性でも8割近くが栄養失調だったとかいう話もあるな
あのころの集合写真とかみんな激やせしてるもんな

174 : ディーラー(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 16:14:51.19 ID:PwbMJfEy0
まったくの逆 むしろ米ばかり食ってたから(米だけしか食えなかった)栄養失調なんだよ

176 : 高卒(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:18:10.33 ID:VcaTfjuW0
日本に限らず昔は朝食ってすごい贅沢なことだったからね

177 : 外交官(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:18:36.20 ID:xYj8zk+R0
朝と夜の間に食事摂るようになったのってつい最近でしょ?
平安貴族でも2食が当たり前なのに

178 : ディーラー(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 16:19:42.55 ID:PwbMJfEy0
日露戦争当時の軍人が米と漬物しか食わなかったから
バタバタ病死したっていう有名な話があって

江戸時代じゃ白米ご飯だけで焼き魚すら食べれなかっただろうよ
肉食は禁じられてたしな 
庶民に行き渡るほどの大豆の生産があったとも思えん

米しか食わなかったから栄養失調になった これが正しい

197 : 行政書士(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:44:42.41 ID:HMFxM8Fj0
>>178
違う
それは原因が脚気
江戸時代前までは麦飯が主流だったのに江戸時代以後は米が主流になったのが要因
徳川将軍も幕末期は脚気が死因だったから
それに日露戦争で軍人で麦飯と米でどちらか病死率が高いか調べたら
米だけという結果が出た訳だが

それら脚気を解決するために、日本でビタミンBが発見されて今のビタミン剤が出来た訳だが

180 : ファッションアドバイザー(山形県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:19:50.06 ID:xFniNHDW0
玄米は総合栄養食品だっつううの
量はかなり食わないとダメだけど

181 : FR-F2(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 16:20:58.15 ID:ExAltR0f0
朝と晩に玄米2合と味噌、野菜が食べれて、たまに魚があれば言う事ないな

182 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 16:22:44.99 ID:hMv9fxpZ0
江戸の魚好きを知らんのか

185 : 小説家(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 16:24:51.80 ID:0WioVjvb0
一応江戸後期には3食が普通になってたらすぃな
(´・ω・`)それともやはりその時代にも格差があって、農村部の連中はあまり食えなかったのかなぁ


186 : 法曹(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 16:25:42.01 ID:jm6oHukn0
江戸時代を通じて江戸は流入する人が多い入超だったが
人口はほとんど変わらなかったそうだ。つまり、入ってくる分だけ
人が死んでたってことだな。火災、病気、栄養失調もあったろう。

190 : 客室乗務員(愛知県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:35:45.32 ID:B7059WGc0
>>186
江戸時代は日本自体の資源の限界で人口が停滞してたそう
当時は子沢山なイメージが有ったけど生まれてちゃんと生きられる事が珍しい時代だったんだろうな
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091021/207734/

205 : 音楽家(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 16:54:03.96 ID:pHw2OndfP
>>190
>江戸時代は日本自体の資源の限界で人口が停滞してたそう
江戸時代の始まった1600年ころの人口が約1千万人。
幕末期の人口が約3200万人。
江戸時代の間に3倍くらいに増えてるよ。

187 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 16:26:11.25 ID:hMv9fxpZ0
おやつの語源は江戸時代のものだしね

188 : 小説家(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 16:30:42.45 ID:0WioVjvb0
江戸での父親と母親、子どもの三人暮らしの一日の生活です。
(「江戸っ子は何を食べていたのか」より抜粋)

・ 夜明け(明け六つ)と同時に長屋の入り口にある木戸が開けられて一日が始まります。母親が起き、かまどの火を入れてご飯を炊きます。朝は炊き上がったご飯と味噌汁、漬物。生活に余裕があると納豆や煮豆などのおかずが食卓に並びます。

・ 朝ごはんが終わると、子どもは寺子屋(※)へ、大工など外に仕事場がある父親は出かけていきます。父親のお昼は、弁当を持っていくこともありましたが、屋台などがたくさんあったため、外で昼ごはんを取る人も多かったのです。

・ 寺子屋は、お昼はいったん閉まるため、子どもは家に帰り、昼ごはんは母親と子どもが一緒に食べます。かまどの火をおこすのも手間であったため、朝炊いたご飯をお昼と夜に食べる生活が普通でした。昼ごはんは、ご飯、味噌汁、野菜の煮物程度でした。

・ 昼ごはんが終わり、子どもはまた3時ごろ(八つ時)まで寺子屋で勉強をします。

・ 夕方、父親は家に帰ったあと銭湯へ行き、その間に母親が晩ごはんの準備をします。

・ 晩ごはんは、冷ご飯を茶漬けにして漬物程度。時々、煮物や焼き魚がついたり、冬は味噌汁にご飯を入れておじやにしたりするぐらいです。晩ごはんの後は倹約するということもあって、早く休むのが普通でした。

こんな風に一日3食食べるようになったのも、元禄年間(1700年ごろ)以降のことで、それまでは「朝菜夕菜」という言葉があるとおり、一日2食が普通でした。


「大江戸庶民いろいろ事情(石川英輔著、講談社文庫)」

「江戸っ子は何を食べていたのか(大久保洋子著、青春出版社)」

191 : 行政書士(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:37:59.15 ID:HMFxM8Fj0
ドラマに便乗してJINのコミック読んだが、あれはあれで面白いな

江戸時代入ると皆揃って米ばっか喰ってたせいで麦飯喰わなくなり脚気になったり
はしかとか病気系は貧困・庶民層は神仏頼みで医者とかろくに掛からなかったりとか
梅毒は貰った方が縁起が良いみたいな風潮になってたりとか
留置所では上下関係がアホみたいに厳しくて牢屋の中で虐待が横行してたりとか

JINのドラマで再現されるか不明だが、留置所で威張ってた奴が寝てるときに耳にゴキブリが入るってのがトラウマになった

199 : 歌人(アラバマ州) 投稿日:2010/08/20(金) 16:47:39.29 ID:hMv9fxpZ0
脚気は森鴎外の黒歴史のやつだね

江戸時代の人口は約3200万人で大きな飢きんで200万くらい減少したらしいから
やっぱりそういうのが影響したみたいだよ

200 : 高卒(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:48:36.92 ID:VcaTfjuW0
江戸は女が少ないからな
長男なんかはまだ嫁取りできるからいいけど
次男三男なんか悲惨なもんだよ
婿養子の口でもなきゃ結婚なんて夢のまた夢

210 : 行政書士(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 16:59:50.99 ID:HMFxM8Fj0
>>200
女は多かったが、「まともな女」が少なかっただけw
女ってある程度は遊郭に売られるのが多かったから
遊女以外の女をもらうのが面倒だった訳だが
遊郭の女は身請け金が必要だったし、しかも梅毒に掛かってたら最悪だから

213 : タンタンメン(群馬県) 投稿日:2010/08/20(金) 17:01:48.41 ID:P8XTKu5p0
基本に返って学ぶべき所は多かろうが
だからって美化しすぎも良くない。
農民は米を食い潰さず雑穀を食べろとかその上がりで食う支配階級が
条例出して放言していた時代だぜ?
商人は米を売り惜しみ、飢饉が来れば一揆がそういう不満で頻発した。

220 : タコス(関東・甲信越) 投稿日:2010/08/20(金) 17:07:57.70 ID:KcnJXTNNO
大阪では先物取引が行われていたし、その都合上、米相場を伝えるために
大阪-広島間を30分(明治時代までは交換手を通す必要のあった電話よりも速かった)
で連絡する手旗信号もあった。

227 : zip乞食(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 17:18:50.26 ID:wzlOFlLm0
>>1が書き忘れてる

※ただし、休日は盆と正月のみ

242 : 音楽家(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 17:32:18.85 ID:pHw2OndfP
>>227
>ただし、休日は盆と正月のみ
そうでもないんじゃないか?
土日が休みなんてことはなかったけど、
武家には月番といって、1ヶ月丸々働いて、次の1ヶ月は丸々休みという
勤務体制も多かったし、そもそも無役でほとんど仕事がない連中も結構いた。
町人には盆正月だけが休みって人も多かったろうけど、
でも仕事は結構マターリしていたみたいだぞ。
幕末に日本に訪れたイギリス人が、港の埠頭を作ってる連中が、
土を固めるために、櫓から縄で吊るした丸太をみんなで引っ張っては
ドンと落とす作業で、みんなで歌を歌いながら何分かに1度くらい落とす
というあまりに悠長な作業を見て「なんでこんなにゆっくりやってるの?」
と尋ねたら「急いでやったら疲れるじゃないか!」という答えが返ってきて
ビックリしたって書いてる。「役人はなぜ急がせないんだ!」って。

229 : 映画監督(千葉県) 投稿日:2010/08/20(金) 17:19:38.81 ID:75843kpM0
>>1
どの層の奴らのことをさしてるんだよ、3,4時間で済むのは極一部だろうが

丁稚奉公なんて数年間賃金なしだし、武士はインフレで物価上がっても収入は変わらないから地獄を見るんだぜ



239 : 法曹(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 17:27:01.19 ID:jm6oHukn0
>>229
江戸町人の代表格、大工じゃねえかな。
おおよそいまの午後3時までには上がってたらしい。
変時制だから冬の仕事時間はかなり短かったろう。

246 : 音楽家(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 17:47:37.81 ID:pHw2OndfP
>>229
>武士はインフレで物価上がっても収入は変わらないから地獄を見るんだぜ
単なるインフレなら、米価も上がるから文句はないんだが。
元禄時代以降は、米がほぼ飽和状態で値が上がらなかったんだよ。
インフレというよりも、むしろ米デフレ状態。
暴れん坊将軍などは、米価を引き上げるべく色んな努力をしたみたいだけど、
ことごとく失敗。逆に幕府の市場介入を逆手にとって利益を巨額の利益を
上げる商人が続出。
百姓は米以外の換金作物の栽培に精を出すようになって、日本社会の
経済規模は結構拡大していた。
それなのに、米で報酬を受けていた武家は経済成長の割りに米価だけが
上がらないから経済から取り残されていた状態。

231 : 声楽家(ネブラスカ州) 投稿日:2010/08/20(金) 17:22:25.11 ID:ULaHGwv3O
まぁその代わり飲み食いしか出来ないけどね。
やる事ないし。

235 : ノンフィクション作家(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 17:24:18.55 ID:Nj/ykiQa0
>>231
だからこそ祭りや縁日が楽しみなわけで

232 : 声優(新潟県) 投稿日:2010/08/20(金) 17:23:03.89 ID:dAzzTo7e0
農民の場合だと本業の農作業は一日数時間でも銭稼ぐために余った時間は内職してたから寝食以外の時間はほぼ働いてたよ

247 : 公認会計士(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 17:56:35.21 ID:OqlzEnmU0
農本主義は変化に対応しにくい
吉宗は名君ではあったが
経済人ではなかったというおはなしで

田沼あたりが重商政策を続けていられれば
その後の状況も変わったのだろうが
所謂あと知恵の類いだわな

248 : 法曹(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 17:59:50.13 ID:jm6oHukn0
米価が上がらないだけならまだしも、米価を完全に市場取引に
まかせちゃってるのが江戸時代の笑えるところだな。
おかげで商品先物取引なんてシステムが日本で世界で初めて
開発されたりとか。
大名家も金には困っていたようで、市場で現物のない米を空売り
(いまの空売りと違う)して踏み倒したなんてこともあったらしい。

251 : 刑務官(神奈川県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:01:56.51 ID:aNY2Ed5EP
一方、2000年前のローマ人はというと

仕事は正午まで
競技場や劇場の催し物は無料
小麦も無料配布がある
スーパー銭湯がタダ同然で利用できる
皇帝や有力者から時々お小遣いがもらえる


262 : M24 SWS(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:26:27.39 ID:9VbWg7Dy0
>>251
正確にはローマ市民な
時代によるがうまく行っている時は兵役の義務があった
奴隷もいたが市民も普通に働いていた
小麦の配給は月一回でその日は仕事休んで並ばなきゃならんぐらい
配給は小麦だけでパンとかにするのは個人だから働かなきゃいけない

254 : メンヘラ(四国) 投稿日:2010/08/20(金) 19:10:54.19 ID:evkCL3+KO
ウンチしたあと、紙でなくて縄で拭いてたのを知るんじゃなかった。あと、冬の過ごし方。

255 : フランキ・スパス15(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:12:45.73 ID:QJL8yLdS0
長屋の大家が共同トイレの糞尿を農家に肥やしとして売ってたのが
けっこういい収入になっていたとは聞いたことがある

258 : トラベルライター(兵庫県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:22:53.34 ID:GcUxs2hL0
メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。
旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、
漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、
奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」



259 : 通信士(静岡県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:24:27.57 ID:H+bTB43h0
その代わりにボランティア的な用事が多かったんだよね
夏場は仕事何もしなかったらしいが

260 : 風俗嬢(北海道) 投稿日:2010/08/20(金) 19:25:07.42 ID:TvuJw6Yz0
江戸時代にあまりに怠惰で働かないやつに
「一生懸命働いて金持ちになったら寝て暮らせるぞ」って説教したら
「もう寝てる」って返される話なんだっけ?

266 : 船員(熊本県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:35:40.75 ID:zNR0PCPz0
ガチガチの階級社会じゃ勤労意欲が湧く訳ないわな

269 : 音楽家(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 19:41:27.65 ID:pHw2OndfP
>>266
あまり関係ないな。階級社会か否かなんて。
江戸時代より階級は緩い現在だって労働意欲のない人間は山ほどいるし。
明治時代なんて今より階級は厳しい社会だが、労働意欲は旺盛だったし。


267 : 路面標示施工技能士(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 19:39:09.01 ID:oFIPnblM0
昔は今より法律がなかったから金に困ればその辺の人からおいはぎすれば金は手に入るよな
いいなぁ

268 : 和菓子製造技能士(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 19:40:49.02 ID:RDSkoBeqO
病気のリスクと
人権無視の理不尽な政治行政
がネック

270 : 行政官(大阪府) 投稿日:2010/08/20(金) 19:43:08.90 ID:QPW7jlgK0
農村も干ばつこないかぎり年貢余裕で米とは別に換金作物つくりまくりだったらしいな。

272 : 和菓子製造技能士(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 19:49:07.64 ID:RDSkoBeqO
ちなみに俺の先祖は大三島で瀬戸内海で鯛釣りまくりで毎日遊んで暮らしていたそうだ。

274 : ファシリティマネジャー(長崎県) 投稿日:2010/08/20(金) 19:55:01.11 ID:T24auHTk0
労働が美徳だっていう価値基準が生まれたのは資本主義が流入してからだな
まあ、それでも穀(石)潰しという言葉からも判るとおり江戸といえどニートは軽蔑の対象だったんですけどね


277 : [―{}@{}@{}-] 音楽家(長屋) 投稿日:2010/08/20(金) 20:12:54.93 ID:pHw2OndfP
>>274
>労働が美徳だっていう価値基準が生まれたのは資本主義が流入してからだな
そうじゃないと思うぞ。
大昔から謡曲「高砂」なんかでイメージされている桃源郷は、
いつもと変わらない農作業なんかを、共白髪になるまで続けるって感じの
イメージが日本人が考える幸福だと思うぞ。


280 : 売れない役者(山梨県) 投稿日:2010/08/20(金) 20:30:15.24 ID:WVo0NJIK0
労働は尊いもんだって思うのはかまわんが
休むことを蔑むってのが酷過ぎだろ
そういう偏った見方しか出来ないから、過労死やら自殺やらしてんだろうに

281 : [―{}@{}@{}-] 音楽家(長屋) 投稿日:2010/08/20(金) 20:36:09.01 ID:pHw2OndfP
>>280
過労死は別に休むことを蔑んでいるからじゃないよ。
失業の恐怖だったり、責任感だったり、部下が休むことを尊重したりした
結果だったりするんだよ。

282 : 売れない役者(山梨県) 投稿日:2010/08/20(金) 20:37:44.49 ID:WVo0NJIK0
>>281
そうか?
まぁ確かに尊いとは違うわな
自分だけ休めないとか、そういうのは空気
他人だけ楽するのが許せない、民族性かもしれないな

284 : [―{}@{}@{}-] 音楽家(長屋) 投稿日:2010/08/20(金) 20:41:32.50 ID:pHw2OndfP
>>282
>他人だけ楽するのが許せない、民族性かもしれないな
全然違う。むしろ逆。
他人に仕事を振って、他人に迷惑をかけたくないから
自分だけで抱え込んじゃって疲れ果てる。
お互いに足を引っ張り合ってたら、一人だけ過労死することはない。

296 : 売れない役者(山梨県) 投稿日:2010/08/20(金) 21:24:22.41 ID:WVo0NJIK0
>>284
一人だけ帰る事を許さない空気の事なんだがな
そうやって、仕事が終わった後でも帰れず働かされてる奴が多いって事だよ
まぁ、お前の言ってる連中にも過労死はいるだろうがな

297 : [―{}@{}@{}-] 音楽家(長屋) 投稿日:2010/08/20(金) 21:27:51.05 ID:pHw2OndfP
>>296
付き合い残業なんて心労の度合いは低いんだから、
そんなことで過労死する人なんて多くはないよ。

298 : 売れない役者(山梨県) 投稿日:2010/08/20(金) 21:53:38.75 ID:WVo0NJIK0
>>297
そういう付き合い残業とか言う空気が異常な訳だろ

283 : 小説家(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 20:40:39.54 ID:0WioVjvb0
吉田松陰がニート馬鹿にすんじゃねぇよ。あいつらは政治のこと考えてたりすんだよって
必死に弁護してた。
(´・ω・`)こりゃあ人気者になるべなぁ

287 : ファッションアドバイザー(長屋) 投稿日:2010/08/20(金) 21:00:27.93 ID:hOSMTpnC0
盲腸が死の病だったんだろ
インフルエンザやちょっとした風邪でも風邪薬とか無いし、
あの時代の連中はどうやって生き延びたんだろう

289 : [―{}@{}@{}-] 音楽家(長屋) 投稿日:2010/08/20(金) 21:02:30.34 ID:pHw2OndfP
>>287
盲腸どころか、虫歯ですら死んでたからな。

312 : 経済評論家(埼玉県) 投稿日:2010/08/20(金) 23:07:59.54 ID:XSyGcMgE0
>>289
凄いよなあ
今だったら入院の必要すら無い肺炎でも死だもんなあ

291 : ノブ姉(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 21:05:30.65 ID:PoT16KKS0
月番で丸一ヶ月休み?

292 : 公認会計士(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 21:12:37.27 ID:OqlzEnmU0
>>291
出仕してない間はひたすら事務仕事
隠居するまで事実上休みなし
という人も多かったという

295 : ノブ姉(東京都) 投稿日:2010/08/20(金) 21:15:02.22 ID:PoT16KKS0
>>292
そうなんだけど。
上の方にそう書いてあったから

色んな形態があったからね武士の場合は、
お城に出仕して泊まり込みで次の日は休みとか

332 : タコス(catv?) 投稿日:2010/08/21(土) 01:04:30.92 ID:JAGUyEdoi
>>292
休みなしっていっても一日当たりの労働時間はたいしたことないだろう。
日が沈めば寝るしかないわけだしな。

302 : FR-F2(奈良県) 投稿日:2010/08/20(金) 22:28:09.88 ID:pEjbvell0
でもほら、仕事としてやってる時間は3、4時間でも、今の俺達が電気や内燃機関の
機械にやらせてる日常生活上のアレやコレやを全部人力でこなしてンだろ?
純粋に遊ぶ時間とか、なんにもしないでボ~っとする時間は実際のところどうなんだ
ろうか

303 : 売れない役者(山梨県) 投稿日:2010/08/20(金) 22:43:00.26 ID:WVo0NJIK0
>>302
効率はよくなってるはずなんだが
その入力、出力などの作業量が増えてるから
結局、人間様の労働時間は増えてる

313 : 行政書士(中部地方) 投稿日:2010/08/20(金) 23:08:07.78 ID:qBbX3jpa0
消費側も今みたいなお客様(笑)じゃないから働く側の負担も低かっただろうな

318 : 刑務官(福岡県) 投稿日:2010/08/20(金) 23:20:15.74 ID:nSbGr5KMP
参ったね俺は先祖の分まで働いてるのかよ

323 : 路面標示施工技能士(コネチカット州) 投稿日:2010/08/20(金) 23:43:55.83 ID:zbPighIwO
江戸時代のジャンクフードといえば団子と寿司だし
人工添加物がないんだから健康そのものだろ。

324 : 音楽家(catv?) 投稿日:2010/08/20(金) 23:45:22.62 ID:+b1bNqL6P
>>323
庶民とか新鮮なものは一切食えないんじゃない?
野菜といえば漬物とか。

325 : [―{}@{}@{}-] 音楽家(長屋) 投稿日:2010/08/20(金) 23:47:31.69 ID:pHw2OndfP
>>324
魚介はともかく、野菜は新鮮なものが手に入るだろ。
江戸だって、今の新宿や渋谷あたりですら一面の田畑だったんだから。

326 : 花屋(catv?) 投稿日:2010/08/21(土) 00:12:19.77 ID:Tn5tXAms0
ご先祖様は江戸時代土地をそこらじゅうに持ってて、使用人や小作人を沢山抱えていた。
多分優雅な暮らしだったんだろうな。
マッカーサーの糞野郎さえいなければ。。。

333 : 歴史家(大阪府) 投稿日:2010/08/21(土) 01:11:11.39 ID:xTi4TMle0
江戸時代は家事の手間が凄かったからな。
毎日の水汲み、掃除は箒、洗濯は川に行って手洗い、服が破れると安く買えないから裁縫、料理用の薪を揃えて火も起こさなきゃいけない。
専業主婦や家政婦をまかなえる男はいいけど、おまえらこの時代に嫁を囲える自信があるか?
なけりゃそれらを自分でしなきゃいけないんだぞ。

335 : 幼稚園の先生(コネチカット州) 投稿日:2010/08/21(土) 01:15:00.92 ID:Q5g5oBQLO
江戸時代は親の稼ぎや遺産で遊んで暮らしてる奴って庶民の羨望の的だったらしいじゃん
今だとそんな奴はカスニートよばわり
どうしてこうなった

356 : [―{}@{}@{}-] 外交官(長屋) 投稿日:2010/08/21(土) 04:39:54.02 ID:hpDDxNpzP
>>335
今も昔も一緒だろ。
金持ちの親のスネをかじってるなら憧れもあるが、
金持ちでもない親のスネをかじってるクズニートは、
昔も嘲笑されてた。

338 : キリスト教信者(東京都) 投稿日:2010/08/21(土) 01:16:34.42 ID:2jfOzp/G0
丁稚は朝4時から深夜までだよ
江戸に変な幻想持つな

341 : タルト(大阪府) 投稿日:2010/08/21(土) 01:19:18.93 ID:/NC3SNTG0
誰か歴史家の有名な人が生まれたい時代はいつかという質問に対して
ローマ市民
ヴェネツィアの商工業者
江戸の町民
という3つを挙げてたな

345 : 三角関係(千葉県) 投稿日:2010/08/21(土) 01:24:49.18 ID:tD8iFuoh0
「働かざるもの食うべからず」

考えようによっちゃ、権力層にとってこんな都合のいい教えはないわ


351 : 司法書士(静岡県) 投稿日:2010/08/21(土) 02:10:30.04 ID:9C6Cirrj0
じゃあ時代劇における貧乏の象徴
「浪人の傘貼り内職」も本当はそれなりに稼げて暇もたくさんある
いい仕事だったかもしれないってことか!

352 : 作詞家(西日本) 投稿日:2010/08/21(土) 02:12:00.24 ID:W9E5sACL0
>>351
傘貼りみたいな楽な仕事でもそば食えるぐらいのカネにはなったんじゃね

357 : [―{}@{}@{}-] 外交官(長屋) 投稿日:2010/08/21(土) 04:51:40.09 ID:hpDDxNpzP
>>351
傘針は「内職」なんだから、それだけで食ってたわけじゃない。
仕官している武家なら、家禄や役料があった上に内職もしていた。
浪人なら、用心棒だの、寺子屋の師匠だの、人足だのといった
仕事をしながら、家に帰れば内職もして食いつないでいたわけ。

361 : 騎手(千葉県) 投稿日:2010/08/21(土) 06:46:09.11 ID:vmhMtA630
>>351
内職してるのは浪人だけじゃないよ。
俸禄だけじゃ食えなかった。

354 : スリ(東京都) 投稿日:2010/08/21(土) 02:16:03.71 ID:eB0D3E/60
幕末に日本来た外人が日本の商業の発達は異常って言ってた
すずりを入れる箱だけを売る専門店とかやたら細分化されて成り立ってる

365 : 動物看護士(USA) 投稿日:2010/08/21(土) 06:57:55.65 ID:hMcZB6fP0

現代人も実働時間はそんなものでしょうが
江戸時代の40歳未満の平均寿命を忘れちゃますいですよね
つまり当時において4時間働くのは
現代の8時間と同等だということです

http://www.hajime-net.jp/nyuumon/3-heikinjumyou.html

370 : 和菓子製造技能士(アラバマ州) 投稿日:2010/08/21(土) 07:05:53.88 ID:a6y2uwq50
>>365
平均寿命ってそういう計算をするものではない
20歳の人の平均生存年数が20年ってわけではないから

375 : 理容師(コネチカット州) 投稿日:2010/08/21(土) 07:16:45.33 ID:bx2LGZyPO
>>365
乳幼児の死亡率が高いから50前後になるんだよ
5歳くらいまでを抜かせば70には届くはず

373 : 芸人(dion軍) 投稿日:2010/08/21(土) 07:10:22.57 ID:IPI8YoZRP
まずは
電気なし
化石燃料なし
まともな情報インフラなし
水道やガスのインフラなし
交通機関実質なし
から色々イメージしてみようや

一つだけ言えるのは、現代の生活を知った上で当時に生きたかったと言う奴は誰もおらんだろ、てことだ

377 : Opera最強伝説(西日本) 投稿日:2010/08/21(土) 07:19:01.52 ID:YyIpgmp60
あれだけの非農人口を抱えてたんだから農業の規模と集約性はそれなりだったはず
江戸町人の遊び暮らしは元を辿れば幕府が米価を強制支配してたことによるのかなあ
士農工商といっても百姓は要は農奴で

379 : 芸人(dion軍) 投稿日:2010/08/21(土) 07:19:11.05 ID:IPI8YoZRP
もし江戸幕府が鎖国を維持したままで産業・技術振興に熱心で
イギリスより100年早く蒸気機関が発明されていたら日本はどう発展していたか
なんて仮想歴史小説ないですかね

太平洋戦争物より遙かに面白そうなんだけど

380 : 和菓子製造技能士(アラバマ州) 投稿日:2010/08/21(土) 07:22:23.63 ID:a6y2uwq50
>>379
ぜんまいざむらいがその設定だった

389 : 騎手(千葉県) 投稿日:2010/08/21(土) 08:09:01.30 ID:vmhMtA630
>>379
諸星大二郎「マンハッタンの黒船」

381 : 理学療法士(大阪府) 投稿日:2010/08/21(土) 07:24:02.25 ID:2JpABKFe0
文明が進歩して科学技術が発達して便利で効率的な世の中になったのに
なんでこんなに忙しくて心に余裕が持てないんだ今のこの国は・・・

387 : 芸人(catv?) 投稿日:2010/08/21(土) 07:46:28.22 ID:hrAkMQzTP
>>381
効率を追求した結果
人間が一番非効率となったw


390 : シナリオライター(アラバマ州) 投稿日:2010/08/21(土) 08:51:49.45 ID:Bx1My06Q0
明治以降でも五、十日締めで一、六日休みだった。つまり五日に一度休日。
五、十日は今でも残っていて車が混む。

391 : M24 SWS(千葉県) 投稿日:2010/08/21(土) 08:54:45.09 ID:l8cgHiUR0
時代劇見ていると楽しそうな時代だと思う

396 : 動物看護士(USA) 投稿日:2010/08/21(土) 09:13:07.20 ID:hMcZB6fP0
>>391

時代劇を観るとそう思うんですが
実際には大きな町を除いて
人殺しや重犯罪が多すぎて
とても転居先にはお勧めできません

392 : バイヤー(神奈川県) 投稿日:2010/08/21(土) 08:57:03.48 ID:OIjHJXnX0
池波正太郎とか読むと憧れちゃうな
ふらっと寺にお参り行って景色楽しんで明るい内から小料理屋で酒飲んだり
実際そんなんじゃないだろうしポロっとすぐ死ぬかもしれないけど

394 : セラピスト(愛知県) 投稿日:2010/08/21(土) 09:09:33.05 ID:d53XaZZG0
江戸時代の町民って名刺を自作してたらしいな
趣向を凝らしたものがたくさんあったとか

395 : トリマー(関東) 投稿日:2010/08/21(土) 09:09:50.88 ID:5Ee+jihXO
幕末から明治にかけてコレラの流行が頻繁にあったときの
何度目かの流行時に、当時の政府が横浜の感染状況を調査した地図の
現物を見たことがあるけど、共同井戸が感染源だから
ある世帯に患者がいるとその周りの世帯もみんな発病してた
生々しいにもほどがある
都会の長屋の衛生状態は、やっぱり現代とは比較にならないほど悪いね

398 : 和菓子製造技能士(アラバマ州) 投稿日:2010/08/21(土) 09:17:15.37 ID:a6y2uwq50
>>395
それでも当時から都市としては世界一清潔といわれていたし、細菌とウイルスに
勝てないのはなにもその当時だけの話じゃない、宮崎の牛にも今苦労してるし

江戸の人間は一日三度も四度も風呂屋に行ってたらしいしきれい好きだったよ

399 : トリマー(関東) 投稿日:2010/08/21(土) 09:23:57.34 ID:5Ee+jihXO
>>398
そりゃリサイクルは進んでるし道路へのウンコ●ヽ( ・∀・)ホウリナゲもなかったけど
近代上下水道がないと生活習慣や衛生習慣が現代とは根本的に変わっちゃうよね
ちょっと谷になってる地形だと、雨が降るたびに沢水が濁って取水不可能
雨が降り続けると水不足とはなんたる皮肉

400 : 和菓子製造技能士(アラバマ州) 投稿日:2010/08/21(土) 09:29:16.31 ID:a6y2uwq50
まあ飛行機と馬比べてもしかたない
ただ衛生観念がごく最近うまれたものじゃなくもともときれい好きだった民族性が
あってのことだったとは思うな

欧州のハイヒールとか帽子とマントとかの話聞くとほんと違う種類の人間だなって思うし

401 : バイヤー(神奈川県) 投稿日:2010/08/21(土) 09:31:43.13 ID:OIjHJXnX0
>>400
欧州の話を詳しく

405 : 和菓子製造技能士(アラバマ州) 投稿日:2010/08/21(土) 09:36:21.62 ID:a6y2uwq50
>>401
ちょうど江戸時代のころの欧州には下水道がなく糞尿を窓から道路に投げ捨ててた
散乱する糞尿の避けるために考案されたのがハイヒール、降ってくる糞尿を避けるため
に来ていたのがあの大きな黒いマント
糞尿の少ない道を譲るという文化もレディファーストとして紳士のたしなみだったらしい

407 : バイヤー(神奈川県) 投稿日:2010/08/21(土) 09:40:26.10 ID:OIjHJXnX0
>>405
マジかよ!ウンコばっかだな!

413 : 和菓子製造技能士(アラバマ州) 投稿日:2010/08/21(土) 09:47:33.83 ID:a6y2uwq50
>>407
向こうのやつウンコのジョーク好きだけどそういうのも影響してんのかなと思う
ナチもユダヤボロクソに言うのもいつまでも糞尿投げ捨てやめなかったことあげてたな

409 : トリマー(関東) 投稿日:2010/08/21(土) 09:43:48.19 ID:5Ee+jihXO
ベルサイユ宮殿にトイレがないから
みんな庭や植木鉢やおまるにしてたとか
部屋の片隅でスカートの下におまるを置いてウンコ中の貴婦人には
声をかけないのがマナーだとか
キチガイじみてるよね

414 : 職人(ネブラスカ州) 投稿日:2010/08/21(土) 09:52:34.33 ID:vT6t9lOIO
今から200年後…

西暦2210年(オッピョピョ16年)日本…そこに働く者の姿は無くかった


元スレ 江戸時代の人の労働時間は日に3、4時間 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news/1282281937/
過去ログ みみずん
関連記事
記事紹介
ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
関連リンク
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。